海外のお菓子、珍しい調味料、ハラールフードなど、世界各国のこだわりの食材を本場から直輸入。こちらは特におすすめの商品詳細です。

Contact

ポップコーンの素(塩味) お菓子

Item

ポップコーンの素(塩味)

シンプルな塩味が美味しいポップコーンの素を本場アメリカから直輸入しました。
粒のそろったアメリカ産とうもろこしを使用。香ばしく軽い食感とあっさりとした塩味が、一度食べたら止まらない美味しさ。電子レンジで誰でも手軽に出来たてのポップコーンをお楽しみいただけます。

原産国名 アメリカ合衆国国旗 アメリカ合衆国(アメリカ/亜米利加/米国/米/合衆国)
購入はこちらから

ポンポン跳ねる楽しさを兼ね備えた魅力

ポップコーンの魅力

みんな大好き、映画館やテーマパークの定番ポップコーン。
ガラス越しのポップコーンメーカーに入った山積みのポップコーンを見て、誰もが一度は心惹かれたことがあるはず。ふわふわとした見た目とふんわりサクッとした楽しい食感。それは、子供のころから親しんできた、思い出の味とも言えます。
スナック菓子の中では珍しい映画館やテーマパークなどのレジャー施設でお馴染みとなっているポップコーン。間食にはうってつけの軽い食感や小さな子供も簡単につまめるサイズ感、人とシェアをしやすいボリューム感といった、誰もが気軽に楽しめる理由からか人の集まる場所で、より親しまれてきました。
そのような場所で定着したきっかけは、1900年代のアメリカ。食べるときに音が出にくいなどの理由から映画館で販売されるようになったポップコーンは、サーカスや劇場などでも盛んに販売されるようになりました。
ポップコーンがエンターテイメントの場でお馴染みのお菓子というイメージが定着した理由は、販売される「場所」だけでなく作られる過程での「楽しさ」にもありました。ポップコーンメーカーの中でポンポン跳ねるポップコーンは、見て、聞いて、楽しめるお菓子だから、そして周囲に広がるコーンの香ばしい風味は、食欲をそそる魅力があるから。 そのポップコーンメーカーで作られた出来たての美味しさを、家庭で日常的に楽しめるようにと作られた「ポップコーンの素」。なんとレンジに入れてボタンを押すだけで完成します。出来たてだからこそ、より旨味と風味引き立つシンプルな美味しさです。

image

大自然で伸び伸び育ちました

とうもろこしの種に熱を加えるだけというポップコーンの調理法。そんな原始的な調理法もあってか、今から約5600年前――日本では縄文時代にあたるアメリカの遺跡から、ポップコーンが食されたであろう痕跡が見つかっています。研究者の中には、発見された遺跡よりもずっと以前から食されてきたのではないかという説を唱える人もいるなど、古代より絶えることなく親しまれ、食されてきたポップコーン。

人類には欠かせない、主食ともなりえる穀物をベースにした素朴な味わいは何世紀にもわたり人々を魅了してきました。



ポップコーン発祥の地、本場アメリカでは日常に浸透しているポップコーン。スーパーマーケットでは家庭用のポップコーンメーカーから多種多様のシーズニングまで、ポップコーンのためのアイテムが揃っています。原料となるとうもろこしの生産量は堂々の世界一。アメリカの温暖な平野部は世界で最もとうもろこしの生育に適した条件を備えているからだとも言われています。

image

ポップコーンの素には、そんなアメリカの広大な農場で栄養たっぷりに伸び伸びと育ったとうもろこしから、粒のそろった質の良いまるまるとしたものだけを厳選し使用されています。
自慢のとうもろこしを使ったポップコーンの香ばしさをより楽しんでもらえるように、シンプルに食塩で味付け。出来たてなら、より香ばしい風味が広がります。

誰もが食べたことのあるお菓子だからこそ「美味しさの違い」がよりわかる、素朴で自然な風味を生かした美味しさです。

image

電子レンジで3分誰でも手軽に

「家庭でも簡単に作れる」と言われても、気になるのはやはり調理過程。
爆裂種と呼ばれる種類のとうもろこしを使うポップコーンは、その名前からうかがい知れるように、熱すると勢い良くはじけ飛びます。だから、ポップコーンメーカーといった専用の機械を使ったり、簡易的なものだと厚底のフライパンにフタをして調理したりとポップコーン作りはなかなか大変。

調理するにはちょっと面倒とも思えるポップコーンを、気軽に楽しんでもらえるようにと開発されたこのポップコーンの素。お皿やフライパンなどの用意は不要で、必要なのは電子レンジだけ。

image

とうもろこしの種が入った紙袋をそのままレンジに入れて温めると、紙袋が徐々にふくらみ、紙袋の中で種がはじけます。レンジの中で「ポン!ポン!」とポップコーンがはじける音とともに、あの食欲をそそる香ばしい匂いがキッチンに広がります。
紙袋をあけると、もうそこには、真っ白い花のように開いたきれいで香ばしいポップコーンが。


image

自然な風味を生かしたシンプルな味わいなので、その日の気分で好きなフレーバーにしてみることも。家庭で簡単にできるからこそ、アレンジは贅沢に。溶かしたバターやキャラメルをかけるなど、専門店のような楽しみ方をすることができます。
友人を招いた映画鑑賞会などでパパッと準備できる手軽さとお子様でも作れてしまう簡単さ、そしてアレンジもしやすいポップコーンの素は常備しておきたいアイテムです。

まだまだ、日本では見かけることが少ないポップコーンの素。だからこそ、おもてなしのお菓子に出来たてのポップコーンを出したら驚かれること間違いなし。
食べる楽しさと作る楽しさを兼ね備えたポップコーンの素は、是非一度は試してみてほしい、人を喜ばせるエンターテイメントが詰まったアイテムです。

※写真・イラストはイメージです。

栄養成分
(1袋80g当たり)
●エネルギー:327kcal ●たんぱく質:8.0g ●脂質:6.7g ●炭水化物:58.7g●食塩相当量:2.7g
内容量 80g
JANコード 815440010270
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて常温で保存してください。

購入はこちらから

※商品によっては、一部取り扱いのない店舗もございます。
※商品のリニューアルなどにより、予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。
※商品によっては類似品がありますので、ご購入、召しあがりの際は、必ずお持ちの商品の表示をご確認ください。
※掲載商品であっても、予告なく欠品・終売となる場合がございます。詳細につきましては、お手数ですが各店舗までお問い合わせください。

BAKCK