海外のお菓子、珍しい調味料、ハラールフードなど、世界各国のこだわりの食材を本場から直輸入。こちらは特におすすめの商品詳細です。

Contact

ミーゴレンの素 レトルト・缶詰・瓶詰

Item

ミーゴレンの素

インドネシアの焼きそばミーゴレンの素を、本場インドネシアから直輸入しました。
ミーゴレンの味の決め手となる甘口醤油をベースに、赤玉ねぎ、にんにく、唐辛子などインドネシア産の野菜とスパイスを加えて、本格的な風味と辛味を再現しました。ミーゴレンヌードルと組み合わせると、お手軽に本場のミーゴレンをお楽しみいただけます。

原産国名 インドネシア共和国国旗 インドネシア共和国(インドネシア/尼)
オススメレシピ

本格ミーゴレン

関連商品

ミーゴレンヌードル

購入はこちらから

甘くて辛くてスパイシー!アジアン焼きそばミーゴレン

インドネシアをはじめ、マレーシアやシンガポールなどで愛される『ミーゴレン』。
なんとなくエスニックな感じはするものの、どんな料理なのかイメージできないという人も多いのでは?
実は私たち日本人にも親しみやすい、甘くて辛くてスパイシーな美味しさの麺料理なんです。
一度食べるとクセになる、そんな魅力たっぷりなアジアのソウルフードを詳しくご紹介します。

  • ミーゴレンとは?
  • ミーゴレンを美味しくする調味料
  • ガレオンのおすすめ商品
  • 簡単ミーゴレンレシピ

バリエーション豊かな料理ミーゴレンとは?

インドネシア語やマレー語で、ミーは「麺」、ゴレンは「揚げる」という意味の「ミーゴレン」。
実際には揚げるのではなく「炒める」料理で、その見た目はまるで日本の焼きそば。
インドネシアをはじめとする東南アジアの飲食店では、置いていない店はないという定番メニュー。ひと口食べると、甘さと辛さが口いっぱいに広がり、そのエキゾチックで奥深い味わいに驚きます。
日本では「インドネシア風焼きそば」や「マレー風焼きそば」など、本場の国々の名前を冠して呼ばれることもあるミーゴレン。そうした呼び方のとおり、国ごとに異なる食材やスパイスが入った、さまざまなバリエーションを楽しむことができる、とても奥深い料理なんです。

インドネシアやマレーシア、シンガポールの定番料理

辛味と甘味が絶妙なエスニック風焼きそば

例えば、スパイスがしっかりと効いた辛味の強い濃厚なミーゴレンに、ライムをギュッと搾って爽やかな酸味をプラスするアレンジ。スパイシーでコクのある辛味とさっぱりとしたライムの酸味は、熱い気候でも食欲が増す美味しさです。
ほかにも仕上げに目玉焼きを乗せたり、溶き卵を麺と一緒に炒めるアレンジや、エビ、もやし、卵など具材たっぷりの豪華なミーゴレンなど、国や地域によって幅広いバリエーションが知られています。
具材もさまざまで、鶏肉や魚介、パプリカや小松菜といった野菜など、いろいろな組み合わせのアレンジを楽しめるのも嬉しいですね。
そして、ミーゴレンに欠かせないのが「ケチャップマニス」と「サンバル」という調味料。
どちらもインドネシアやマレーシアを代表する調味料で、甘味の「ケチャップマニス」、辛味の「サンバル」といえばわかりやすいかもしれません。
インドネシアなどの国々では、ミーゴレンがどこのワルン(食堂)、レストラン、ホテルでも食べられるだけあって、「ケチャップマニス」と「サンバル」も、どの家のキッチンにもあるといわれる万能調味料です。
そんな魅力いっぱいの調味料を詳しくご紹介!

ミーゴレンを美味しくする調味料

ケチャップマニス

名前からついトマトケチャップを想像してしまいがちなケチャップマニス。
ですが、実はまったく別物です。
私たちの知る一般的なトマトケチャップがお酢やトマト、たまねぎ、香辛料などから作られているのに対し、ケチャップマニスは大豆と小麦を発酵させ、パームシュガー(椰子砂糖)やしょうが、塩やハーブなどを加えて作られています。
インドネシアではケチャップというとソース全般のことを指し、語源は魚醤を意味する言葉にあるとも言われているそう。
その見た目は、黒っぽくねっとりとしたソース。味もトマトケチャップというより、どちらかというと日本の焼き鳥用の甘いタレが一番近いイメージかもしれません。
発酵した大豆や小麦が、日本でいうしょうゆのような香りやコクを生みだし、さらにそこへパームシュガーの甘味やしょうがの風味などがプラスされた独特の味わい。ミーゴレンに甘味や深いコクを生みだしてくれる調味料です。

サンバルは唐辛子を使ったチリソースの一種。
こちらもインドネシア料理やマレーシア料理などには欠かせない辛味調味料です。
さまざまな種類のあるサンバルですが、ベースは赤唐辛子、塩、砂糖、にんにくなど、ごくシンプル。
しかし、それらの具材をペースト状にしたのち過熱すると、ただ辛いだけでなく、まろやかな甘さとピリッとした唐辛子の辛味が絡み合い、独特の風味を醸し出します。
お好みで適量を加えると絶妙な旨味がプラスされ、より本格的なミーゴレンが作れます。
また、ミーゴレンだけでなく、唐揚げなどの揚げ物やスープ、焼き魚、豆腐などともとても相性が良く、少し加えるだけで毎日の料理にスパイシーでパンチの効いた辛味とコクを与えてくれます。

サンバル

サンバル

インドネシアの本格調味料
新鮮な赤唐辛子をたっぷり50%使用!
本場インドネシアの刺激的な辛さをお楽しみいただけます。

詳しくはこちら

ご購入はこちら

簡単調理で本場のミーゴレン ガレオンのおすすめ商品!

簡単調理で本場の味!ミーゴレンの素

ご購入はこちらから

世界各国の料理を自分で作りたいときに欠かせないのが、現地ならではの調味料やスパイス。
甘さ・辛さをはじめ、料理のコクや旨味、香りなど、その国独特の風味を見事に再現してくれます。
そんな料理に欠かせない調味料やスパイスですが、味つけに重要なことはわかっていても、いざ本格的に揃えるとなると、その壁は高く感じてしまいます。
そんな時におすすめしたいのが「ミーゴレンの素」。
ミーゴレンの味の決め手となる甘いソースをベースに、赤たまねぎやトマト、にんにく、唐辛子などインドネシアの新鮮な野菜とスパイスを加えて炒め、本格的なコク・風味・辛味を再現しています。
「ミーゴレンの素」さえあれば、本格的なミーゴレンが簡単に出来上がります♪
ペースト状で瓶詰されているので、保管しやすいのも嬉しいポイント。
これだけでも十分に美味しいミーゴレンを作ることができますが、お好みで「サンバル」を加えると、さらにピリッとした辛味と濃厚でエスニックな旨味がプラスされ、より美味しく召しあがりいただけます。

「ミーゴレンの素」があれば、焼きそばの麺やインスタント麺でも美味しく作れるミーゴレンですが、やはりベストは「ミーゴレンヌードル」との組み合わせ。
原材料は小麦粉と食塩がメインと、とてもシンプル。
パスタでいうとブロンズダイスで抜いた麺のように表面にザラつきがあるので、つるつるの麺に比べ表面にソースが絡みやすいのが特徴です。
さらに平打ちの細平麺タイプなので、もちもちの歯ごたえを存分にお楽しみいただけます。
平打ち麺というと茹で時間が掛かってしまうイメージがありますが、熱湯に入れて約5分で茹で上がるのもおすすめポイント。
食べたい時にすぐに食べられるのはGOODです♪
まさにミーゴレンにはこれ!という、保存の効く平打ち乾麺タイプのヌードルです。

もっちり食感の平乾麺ミーゴレンヌードル

ご購入はこちらから

鶏肉やシーフード、野菜などお好みの具材を入れて、
手軽に「ミーゴレンの素」と「ミーゴレンヌードル」で
本格的なミーゴレンをお楽しみください♪

~ちょっと気になるナシゴレンとの違い~

ミーゴレンと並んでよく耳にする「ナシゴレン」。名前の良く似ているナシゴレンって、一体どんな食べ物なんでしょうか?
インドネシア語やマレー語で、ナシゴレンの「ナシ」は「ごはん」、「ゴレン」は「揚げる」という意味。インドネシアやマレーシアなどのアジア圏で広く愛されている焼き飯料理です。
現地ではミーゴレンと同じく、ワルン(食堂)やレストラン、ホテルなど、どこへ行っても食べれるくらい有名ですが、トッピングの具材や味付けも、実はエビなどの魚介類を入れたり目玉焼きを乗せたりとミーゴレンとほぼ同じ。違いといえば、メイン食材が麺から米に変わることくらいなんです。
「ミーゴレンの素」と「サンバル」で、アジアン焼き飯ナシゴレンも手軽にお楽しみください♪

ミーゴレンの素とミーゴレンヌードルでらくらく簡単レシピ

本格ミーゴレン

ソースが絡みやすいザラッとした細平麺と、ミーゴレン専用ソースでお手軽に本場インドネシアのミーゴレンをどうぞ。お好みでライムを絞ると一層本格的な仕上がりに!

詳しいレシピはこちら

※写真・イラストはイメージです。

ご紹介した商品はオンラインショップでもご購入いただけます

栄養成分
(大さじ3杯 約45g当たり)
●エネルギー:100kcal ●たんぱく質:0.9g ●脂質:1.9g ●炭水化物:19.8g ●食塩相当量:7.4g
アレルギー情報 ●小麦●えび●大豆
内容量 370g
JANコード 4942355131557
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて常温で保存してください。

購入はこちらから

※商品によっては、一部取り扱いのない店舗もございます。
※商品のリニューアルなどにより、予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。
※商品によっては類似品がありますので、ご購入、召しあがりの際は、必ずお持ちの商品の表示をご確認ください。
※掲載商品であっても、予告なく欠品・終売となる場合がございます。詳細につきましては、お手数ですが各店舗までお問い合わせください。

BAKCK